社員旅行〜奈良・京都編〜 その

 

こんにちは!

前回に引き続き今回も「奈良・京都旅行」をお送りいたしますよ!

 

 

↓↓↓ 奈良・京都旅行1日目の行程はコチラ ↓↓↓

 

NDK本社(朝6:30出発) → 京都鉄道博物館 → ウェスティン都ホテル京都 →

 南禅寺・三門・水路閣 → 将軍塚青龍殿大舞台 → 伏見稲荷大社 →

 京都タワーホテルアネックス

 

 

まだ出発時刻を強調するという、ね(笑)

前回は「ウェスティン都ホテル京都」にて昼食〜の辺りまでお話しましたね^^

お腹いっぱいになったところで私たちは次なる目的地「南禅寺・三門・水路閣」へ向かいます!

 

◎Let's Study!!◎

「南禅寺」とは?
臨済宗南禅寺派の大本山寺院で正式名称は「太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)」と言います。京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもっています。


「三門」とは?
高さ22mの南禅寺三門。三門とは仏道修行で悟りに至る為に透過しなければならない三つの関門を表す空、無相、無作の三解脱門を略した呼称です。別名「天下竜門」とも呼ばれます。歌舞伎「桜門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな」と見得を切ることで有名な場所ですが、実際には南禅寺が再建されたのは1628年で石川五右衛門が生きた時代には焼失して存在しなかったのだそうです。


「水路閣」とは?
南禅寺の境内に立つレンガ造りの疎水橋で1888年に建設されました。美しいアーチを描く全長93mの橋は琵琶湖疏水の設計者の田辺朔郎が設計し古代ローマの水道橋が手本となっています。水路閣は現在でも水を運ぶ疎水として活躍し、京都の代表的な風景の一つとなっています。

 

南禅寺1

いざ、南禅寺へ☆

 

三門

まず見えるのは「三門」です!

階段奥の三つに仕切られているのが三門ですよ!

拝観料(一般500円)を支払えば上にあがることができます^^

22m上から眺める景色があの「絶景」だそうですが、歴史を辿ると話が矛盾しますねぇ・・・。

 

南禅寺2

こちらが南禅寺の本堂です^^!

真ん中に人が集まっているところには常香炉があります。

煙を浴びると「良く」なるというアレです(笑)

 

水路閣1

そしてこちらが「水路閣」!

古代ローマがモチーフなだけあって、雰囲気ががらりと変わって洋風な感じですよ。

京都の観光スポットというのは兎角人が多く、それも外国人観光客がたくさんいるんですがここで外国人を見かけると「もうここどこ?」状態です(笑)

 

それで最近はSNSの時代じゃないですか。

やれツイッターだインスタだと皆さん気合入ってるじゃないですか。

ここでも皆さん、すんごかったのですよ。

何がすごいって、本持ってるんですよ!

水路閣でこう撮影すればインスタ映えする、みたいな本を片手にポーズとってるんですよ!

で、面白そうなので真似してみました!

 

水路閣2

じゃん☆

・・・・・・なーんか、私がするとそうじゃない感がでるんですが、まぁ皆さんこんなポーズしてきゃっきゃっしてました(笑)

 

 

 

はい、きゃっきゃっしたテンションのまま次へ向かいますよー。

移動時間わずか十分で到着したのは「将軍塚青龍殿大舞台」です!

 

京都東山山頂にある「青龍殿」は平成26年10月に完成したばかりの真新しい木造大建造物。国宝 青不動をお祀りする建物だそうです。

この青龍殿と大舞台はくっ付いていて(という表現でいいんですよね・・・?)青龍殿をぐるりと一周し大舞台へ、京都市内を一望できる大パノラマは絶景で、天気が良ければ大阪まで見渡すことができるんですって!

 

青龍殿

こちらが「青龍殿」です。

後ろに少し見えますか・・・?人が集まっているところが「大舞台」です。

 

青龍殿景色2

 

青龍殿景色1

お天気は良かったんですが残念ながら霧がかかっていて遠くまで見渡すことはできませんでした。

 

ガラス茶室1

そうそう!ここは「ガラスの茶室」があるんですよ!

 

ガラス茶室2

このように本当に全部ガラスです。

私たちは日中に見たので「中、暑そうだよね」くらいの残念な感想しか持ち合わせておりませんでしたが(笑)夜はライトアップされてデートスポットにもなっているそうです^^

また日中でも茶室の中にはいるとガラスがプリズムのようになって7色光が映し出される「光の花」というのを体験できるみたいです('ω'*)

 

 

 

しっかし、噂通り京都は暑いです。

後から聞いて知りましたがこの日の最高気温は32度だったらしく、どうりで全身汗だくべたべたになるわけです。

そんなべたべたな私たちですがこの次の目的地「伏見稲荷大社」ではしばしオアシススポットで過ごすことができたのです^^

 

伏見稲荷大社1

あぁもう人がうじゃうじゃ・・・

全国に30,000社あるといわれる神社「お稲荷さん」の総本宮が伏見稲荷大社です。願い事が「通る」あるいは「通った」御礼の意味から鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果、ところ狭しと鳥居が並ぶようになったのだそうで、現在は約1万基が参道全体に並んでいます。

 

伏見稲荷大社2

先ほど言っていたオアシススポットとは実はこの鳥居の中のことでして、人がうじゃうじゃ密集していたんですが木陰になっているからかひんやりしていて涼しいんです^^

 

いやーあちこち観光して正直くたくたです!

鳥居が1万基もあると当然参道がものすごーく長いんですよ。時間があまりなかったですし、ここに来るまでにあちこち回ってすっかり体力を消耗してしまっていたこともありまして、私は途中までしか上りませんでした。

 

 

 

こうして文字に起こすと中々たくさん観光してきたんだなぁと今更実感するわけですが、当日の私たちは半ばやっつけ仕事で旅行初日を過ごしてしまい、あっという間に終わってしまったように感じていました(笑)

 

さて、ようやくバスの一席ではなくきちんと休める場所へ参りました、本日のお宿「京都タワーホテルアネックス」です。

 

アネックス1

 

アネックス2

2017年3月にリニューアルオープンしたばかりのとてもきれいなホテルです^^♪

 

京都タワー

ホテル正面には京都タワー!

 

夕食まで時間があったので荷物を置くと私たちは京都駅へ向かいお土産を買ったり、京都タワーに上ったりしてしっかり京都観光を楽しみました٩( ‘ω’ )و

 

夕食は京都駅近くにある「一瞬」でしたがあいにく写真が・・・

あぁでも私がこの夜一番美味に感じたナイスなお写真を貼って、長かった奈良・京都旅行初日を締めさせて頂きます☆

 

 

 

ビール☆

3軒目のBARにて☆

 

 

初日だけでずいぶん長々と語ってしまいました(≡Д≡;)

次回は旅行2日目をお送りいたしますのでお暇なときにでも覗いてみてくださいね^^

では☆

 


スポンサーサイト

  • 2018.01.11 Thursday
  • -
  • スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR