社員旅行in秋田〜三日目〜


こんにちは!

少し間があいてしまいましたが今回も前回に引き続き社員旅行秋田編をお伝えいたします!
いよいよ最終日、私たちの旅路はどうなったかと言いますと・・・

↓ 最終日の旅行行程はこちら ↓

(ホテル出発 →)八幡平 → 田沢湖:辰子姫像 → みちのく小京都角館 → 秋田空港 → 羽田空港 → 徳島空港


朝。
目が覚めるとすっっっごく寒い!
ホテル出発の時間が早めだったこともあり朝仕度の時間帯はまだ暗く寒いさむいSAMUI!
しっかり着込んで朝食へと向かうと半袖で朝食をもりもり食べる社員の姿が・・・

「寒くないの・・・((((;゚Д゚))))?」
「さっきお風呂入ったから( ´∀`)」

しっかり温泉旅館を満喫していてなによりです(笑)
吐く息が白くなる中バスへ乗り込みさぁ出発☆


まず目指すは「八幡平」(はちまんたい)です!

・・・が!
外へ出てみるとどうりで寒いわけです!雪が降っていました!
積もるほどではないですが風に吹き付けられて上着が白くなるほどには降っています。

昨夜から本日の天候があやしいと話にはなっていましたが、これでは「八幡平」へ登れない可能性が!

「八幡平」は岩手県と秋田県の県境に広がる奥羽山脈北部の山群です。
積雪の時期になれば登山ルートを閉鎖せざるをえない場所なんですが、寒い東北といえどまだ10月、まさか雪が原因で登れないなんて誰が予想できましょう・・・。
バスガイドさんと運転手さん、そしてあなぶきトラベル担当者さんとの相談の結果、いけるところまで行ってみようということに。
移動している間に少しでも雪がおさまれば案外登れるかもしれない。もし登れなかった場合は近くの観光スポット散策に切り替えるとして、せっかくだし行ってみましょう^^!


八幡平1

だめだこりゃ。

わずかな希望を胸に登れるところまで登った私たちでしたが、通行規制されていてやはり目的地までは登ることができませんでした。

が、しかし。
登れるところまでは登ったのです。頂上?ではありませんが「松尾八幡平ビジターセンター」のあたりまでは登れましたので、ここで一度停車。

「四国の方はなかなか雪が積もらないんでしょう? 珍しいついでに雪合戦でもしませんか?」

バスガイドさん、ナイスです!

八幡平2

うわーい☆

八幡平3

八幡平4

寝転んじゃうぞー☆

八幡平5

パウダースノーってやつですね^^
雪球を作ろうとしてもさらさらなのでうまく固まりません。

八幡平6

徳島の雪だと踏んづけた先からどろどろになっちゃって大変ですが東北の雪は靴も上着も汚れません。

八幡平8

寒いけど楽しかった^^♪


本来「八幡平」での自由時間、まさかずーっと雪合戦をしていられるはずもなく(笑)
続いて私たちは「玉川温泉」へと散策へ行ってまいりました^^

「玉川温泉」は秋田県仙北市にある温泉で、「大噴」(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から、塩酸を主成分とする強酸性泉が毎分9,000リットル湧出しています。単一の湧出口からの湧出量としては日本一を誇るそうです。
効能としては高血圧・動脈硬化・婦人病・神経痛・皮膚病・喘息などありますが、なかでもこの温泉で有名なのが「癌」や「アトピー」の治療に効果的なのだとか。(あくまでも効能です、万人に対しその効果を保障するものではありません)

玉川温泉1

玉川温泉2

あたりはほんのり暖かく、湯気がもくもくと立ちこめ硫黄のにおいが充満しています。
川が流れるように温泉があちこちに流れ、その周辺ではがん治療やアトピー治療の方々が御座を敷き、湯気にあたって治療をされていました。


急遽立ち寄っただけなので本当にぐるりと一周して終わりだったのですが、立ち寄れてよかったです。


「ふー。ちょっとしか入れなかったけど、いいお湯だったよ( ´∀`)」
「また入ってたの(;゚Д゚)?」


そして!
ようやく本来の旅行行程に戻ります^^
次に向かうのは「田沢湖」、「辰子姫像」を見に行きます☆

「田沢湖」は秋田県仙北市にある淡水湖、日本で最も深い湖でその深さから真冬でも凍りつくことはないのだそうです。
日本百景にも選ばれているんですよ^^!

辰子姫像1

この頃、地上は雪がおさまり曇り空です。
霧はないのですがお昼間にもかかわらず薄暗く、ちょっと残念です・・・。
しかしすごーくきれいな湖でした!青緑の水面は風が強くても濁ったりしないんですよ^^

観光客が多くてぎゅうぎゅうしていたので各自写真を撮ったら押し出されてしまいました^^;

まぁ気を取り直してお昼ご飯といたしましょう!

↓ 本日の昼食はなんでしょう♪ ↓

お昼ご飯(親子丼)

比内地鶏の親子丼と稲庭うどんです!
お鍋の中にはあつあつの親子丼が・・・^m^♪
すっごく美味しかったですよー!


お腹いっぱい食べたらまた散策へ!

この秋田旅行の最後の観光スポット、「小京都 角館」(しょうきょうと かくのだて)へと移動します!


角館は秋田県仙北市の地名で、重要伝統的建造物群保存地区だそうです。

ここでは武家屋敷を見せてもらいました。

角館1

角館2

建物やその中のつくりを当時そのままに遺し、今も各館の末裔が暮らしていると聞きました。
お屋敷の中も見せてもらいましたが階段が急だったり天井が低かったりと、当時立派なお屋敷でも今の私たちには不都合に感じるところも多々あります。それでもさすがは伝統的な建築物です、不便に見えても当時ならではの暮らしの工夫があちこちに!
透かし窓に繊細な木彫りの模様があったのですが一定の時間になると影絵になって楽しむことができたり、家中の空気を循環させる役割があったりとただの娯楽ではないんですよ^^!
そしてなにより、畳のお部屋は居心地がいいですね。

武家屋敷を見終わった後は周辺を好きに散策できたので私たちは各自好き放題楽しみました。

角館3

地元ならではのお土産はないかと散策する社員もいれば自然の景色を連射する社員もいました。
そして地酒を狙っていた社員は集合時間ぎりぎりまで利き酒と称し飲んだくれ(笑)、最終的に私たちはほぼ全員空港までの道のりをバス車内で寝て過ごす、という幸せな時間を過ごしたのです(笑)

えぇ、めいっぱい楽しんだ証拠です。

三日間お世話になったバスガイドさん、運転手さんに別れを告げ秋田県を後にした私たち。
正直、秋田旅行の旅行行程だけを見ていたときはここまで楽しい旅行になるとは思いませんでした。なかなか自分の意思で東北方面へ旅行へ来る機会なんてないしな、くらいの気持ちで私は選んだのですが胸張って言えますね。すーっごく楽しかった^^♪
今回は紅葉を巡る旅路でしたが春の桜満開の時期も素敵なんですよ、と教えてもらい次の機会も考えちゃうくらい。

この記事を読んでくださった皆様もぜひ一度秋田県へと足を運んでみてはいかがでしょうか?

今回の「社員旅行in秋田」はこれにて終了ですが、また弊社のイベントやお知らせがありましたら随時更新してまいりますので、お暇なときにまたご覧いただけたらなと思います^^
長々とお付き合いくださりありがとうございました!

ではではまた次の機会にお会いいたしましょう^^
「へばな!(またね!)」

 


社員旅行in秋田〜二日目〜


こんにちは!

前回まではなまはげ盛りだくさんな秋田旅行初日をお伝えいたしました。
二日目はなまはげ地区より離れまして青森方面に足を伸ばしてきましたよ^ω^


↓ 二日目の旅行行程はこちら ↓

(ホテル出発 →)発荷峠展望台 → 十和田湖周辺(昼食) → 奥入瀬渓流 → 城ヶ倉大橋 → 湯瀬温泉:姫の湯



ホテルの朝食をもりもり食べてさぁ出発!
本日はあいにくの雨降りですが、基本この旅行はバスで移動なのでさほど不自由はありません(笑)

まずはじめに向かうは「出荷峠展望台」です。「はっかとうげてんぼうだい」と読みます。
午前中のほとんどを移動時間にあてて青森県へと向かいます!

途中トイレ休憩のため売店に停車してくれたのですが、まぁみんなよくものを買うこと(笑)
お土産を買う人、ご当地グルメを買い漁る人、お酒を買い込む人・・・

「あれ? さっき朝ご飯食べましたよね?」

バスガイドさんに笑われてました(笑)
ご当地名物「バター餅」はみんなに大好評でしたよ。


そして、

発荷峠展望台1

展望台とーちゃく☆

そう強く雨が降っていたわけではないんですが霧が発生しててはっきりとした眺めを堪能、というわけにはいきませんでした。
しかし!
写真をよーく見ると虹がかかっているのですが・・・見えますか?

発荷峠展望台2

見、える・・・?

あいにく本来の絶景は見れませんでしたが、これはこれで旅の思い出ですよね^^♪

出荷峠展望台は十和田湖の南岸、標高631mに位置する円形の展望台です。
眼下に西湖、右側には中山半島、その向こうにお椀を伏せたような形の御倉山が見え、正面には十和田カルデラの外輪山の連なりが見渡せます。さらに後方には八甲田連峰までが眺望できます。晴れていれば!

雨降り+人ごみ+散策ゾーンはこれといってなし、なので私たちはすばやく写真を撮り終えバスへ戻ります。



お次は十和田湖周辺でお昼ご飯です♪

「賑山亭」で「せんべい汁」をいただきましたよ^m^

十和田湖周辺1

十和田湖周辺2

今回はちゃんと写真撮ってます(笑)

はんぺんみたいに見えるのが煎餅です。
煎餅の真ん中あたりはお麩の食感に似ています。煎餅のふちのあたりはきし麺のような食感です。
そしてなんといっても米どころ、白米がとっても美味しくてご飯だけでももりもり食べられちゃいます!


次に目指すのは「奥入瀬渓流」(おいらせけいりゅう)、
十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、十数か所も滝を見ることができるんです!
バスやサイクリング、徒歩で散策できるのですが私たちはバスで見て回ってきましたよ^^

奥入瀬渓流1

奥入瀬渓流2

奥入瀬渓流3

雨降りでも徒歩で観光するお客さんがたくさんいました。
通常であれば一般車両も通行するようなのですが、週末はマイカー規制がかかっていて通行できないのだとか。その規制があっても人は多いしバスも多かったです。
しかしそのおかげでなかなか進めず、ゆっくりのんびり景色を堪能です^^



約14kmの道のりをゆっくり下って、私たちは次なる目的地を目指します!

次は「城ヶ倉大橋」(じょうがくらおおはし)です!
上路式アーチ橋ではアーチ支間長が255mと日本一の長さを誇り、平成7年10月27日に開通、「津軽」と「南部」を結んでいます。

城ヶ倉大橋2

城ヶ倉大橋1

紅葉している木も黄色に色づく木も、これから色づく緑の木もありとってもキレイ^^*
紅葉シーズン真っ盛りの時期ですがピークの期間は短く、雨が降ってしまったらすぐに散ってしまうので私たちは本当にラッキーでした。

落ち葉

私は散っていくのを見るのも好きなんですが・・・



「雨が降っているわりに寒くないね!」

朝はそんなことを言っていた私たちですがやっぱり寒い!
雨に濡れたりバス車内の暖房で乾燥したりと気温差が激しかったのですっかりくたくた・・・
今日は少し早めの時間にお宿入りです。

本日のお宿は「湯瀬温泉:姫の湯」です^^

姫の湯

エントランスには大きな提燈が!

姫の湯4

待合室?憩いの場?
可愛らしくもあったかい空間です^^

姫の湯2

私の宿泊した部屋にはこれが(笑)

姫の湯3

お部屋はこんな感じ♪


↓ さて、本日の夕食はなにかな? ↓

姫の湯5

うぅん。やっぱりお品書きは見えづらいですねぇ^^;

姫の湯6

じゃじゃん☆
今夜は囲炉裏でご飯です^^!
真ん中できりたんぽ鍋をぐつぐつしたり、各席の前に刺してある焼ききりたんぽ(甘味噌)やハタハタの一夜干しを炙って食べました。
各席右側にあるお茶碗の伏せてあるお鍋はご飯です!一人分ずつ炊いて食べました^^*

どうにも今回の旅ご飯はすぐにお腹いっぱいになるなぁと思っていたら「きりたんぽ」に「お餅」に「お煎餅」・・・全部「お米」^^;
どおりでお腹パンパンになるわけです(笑)


夜になると雨は止みましたが、すっかり冷え込んできました。
秋田旅行最終日は相当冷える予感・・・
二日目もまたまた日付が変わるまで飲み明かし、最終日に備えて私たちは解散したのでした(笑)


次回は最終日、本当に寒かったけど楽しかった一日をお伝えいたします☆
お楽しみに^^♪


社員旅行in秋田〜一日目/後編〜


こんにちは!

今回も前回に引き続き今年の社員旅行秋田編をお伝えいたします!



↓ 初日の旅行行程はこちら ↓

徳島阿波おどり空港 → 羽田空港 → 秋田空港 → 寒風山 → なまはげ館・伝承館 →入道崎灯台 → セイコーグランドホテル



前回は「なまはげ館・伝承館」までお伝えしました。

お昼の間も涼しいと感じていましたけど、徐々に日が暮れてますます肌寒くなってきました・・・中には甘酒で温まる社員も^^*
それでも現地バスガイドさんによれば「今日はとても暖かくてすごしやすい日」なんだそうです。やはり四国は南国なんですねぇ。

さてさて、お次は「入道崎灯台」へ向かいます!

「入道崎灯台」は男鹿半島の西北端北緯40度線上に位置する観光スポット。
緑の地面に青い海、同じ青でも海と空の青は違ってすばらしい眺めなんだとか。
私たちは日の高い時間帯ではなく日の傾いたころ、夕暮れを眺めにやってまいりました!

入道崎灯台3

入道崎灯台1

シンテックの社長をこっそりパシャリ☆
ちょっとブレましたがなかなかいい絵になりました^^

入道崎灯台2

バスガイドさんも一緒に記念撮影☆


で、
きれいな夕暮れを眺めながらパシャパシャ頑張ったのですがなかなか撮影がうまくいきません。
夕日にピントを合わせるとその他の景色がぼやけてこの景色の良さが半減します。
しかし海岸や草原にピントを合わせるとこれまた夕日が・・・!


入道崎灯台4

うぅん。難しい・・・

入道崎灯台5

入道崎灯台6

家の影や電線に邪魔されずに見る広い夕暮れの景色はとっても素敵で癒されました。

日が暮れるのはとっても早いです。
さっきまでオレンジに染まっていた草原も海もあっという間に濃い藍色になってしまって寂しいな・・・じゃなくて寒い。

コートを羽織っているとバス運転手さんに笑われましたが南国育ちの徳島県民をなめてはいけません、すぐ風邪ひくんですから!
もう寒いので次へ急ぎましょう!


次は本日のお宿、「セイコーグランドホテル」へ向かいます!

「セイコーグランドホテル」は男鹿温泉郷にある温泉旅館です。
このホテルの近くには「五風」という男鹿温泉交流会館あって、定期的になまはげの太鼓ショーをやっているんですよ!
平日に宿泊するとやっていない日があったり、入場料が500円必要だったりとするのですが、週末(金曜・土曜)に宿泊するとふれあい無料感謝デーでタダになるんです^^!
ちょうど夕食後の時間帯に開催されるとのことで私たちも見に行ってきましたよー♪


・・・っと、その前に!
楽しみにしていた夕食タイムを満喫いたしましょ^^♪

↓ 本日の夕食はこちら ↓

セイコーグランドホテル2
あら、お品書き見えづらいですね・・・^^;
でも大丈夫!ちゃんとお写真あります!


↓↓↓


セイコーグランドホテル1

食べかけ写真ですいません!
もうみんな食べるのに夢中で写真撮るの忘れててこれしか・・・

奥の黒いお鍋がきりたんぽ鍋です。
大きいちくわが浮いていると思ったらもちもちのきりたんぽ、私は初めて食べたのですが不思議な食感でした。
その横の茶色のお鍋が陶板焼きです。
この他にも椀物や炊き込みご飯、デザートとどんどん運ばれてきて食べきれないほどのお料理にみんなお腹がパンパンです(笑)


そしてなんと男鹿名物男鹿産白身魚磯焼料理の実演まであったんですよ!

セイコーグランドホテル3

真っ赤に焼けた石を木桶の中に入れその熱で魚を煮込み味噌を溶かして仕上げたのが「石焼き」!豪快な調理法なのは漁師料理だからですね^^

セイコーグランドホテル4

焼き石を沈めます

セイコーグランドホテル5

お魚を入れてお味噌を溶かします

セイコーグランドホテル6

「お味噌加減をみてください」
「ふむふむ・・・いい感じです!」

白味噌と白身魚がいい味だしてます!
冷え気味の体に温泉と鍋料理、いいですよね!お酒がすすむ(笑)

たくさん地元料理をいただいてお腹いっぱい!ごちそうさまでした^^



では!
食後の運動がてら少し歩いて「なまはげの太鼓ショー」を見に行きましょう!


セイコーグランドホテル8

セイコーグランドホテル9

観光客の目線で言うと、この太鼓ショーのなまはげの方が「THE なまはげ!」といった雰囲気があります。格好やお面のクオリティの問題でしょうか・・・?

迫力のある形相で太鼓を叩き、お客さんをあおり手拍子を要求してきたそうです。

・・・すみません、実は私、このショー見てないんです。



「あっという間」とも「ようやく」ともとれる秋田旅行初日、今日は半日しか観光していないのですがたくさん秋田の顔と出会えたような気がします^^!

明日も早いし、はしゃぎすぎたのでもうくたくた・・・と言いながら日付が変わるまで飲み明かし、私たちの旅行初日は終了したのでした(笑)



またまた長くなってしまいました^^;
次回は秋田旅行二日目をお伝えいたしますのでお楽しみに!
 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR